タイプ別オリジナル名入れうちわのサイズ紹介とおすすめの使用例

タイプ別オリジナル名入れうちわのサイズ紹介とおすすめの使用例うちわ

イベントの開催時に企業やサークルなどが作る、ノベルティやファングッズにピッタリなのがオリジナルの名入れうちわです。

受け取り側としてももらって嬉しい商品のため、しかも後々まで使用できるノベルティとして、受け取ってもらいやすく捨てられにくいという特徴を持ち、さらに価格も比較的手頃というメリットがさまざまにある名入れうちわ。

しかし、実際にそれを製作しようと思ったら、どんな種類の、どんなサイズのものを作れば良いのか、迷う場合もあるでしょう。

この記事ではそんな名入れうちわの特徴や、おすすめの利用例などについて、サイズに着目しながらご紹介をしていきたいと思います。

>>販促でうちわを配布する効果|宣伝効果を最大限にするコツも紹介

名入れうちわの製作はサイズに注目して選ぼう

名入れうちわの製作はサイズに注目して選ぼう

自分の求める条件に適した名入れうちわを選ぶ場合、その選定基準は色々とありますが、その中の1つがサイズに着目して選ぶということです。

その際小さいもののほうが安いだろうと考えて、予算に合わせて小さいものを選ぶといったこともあるでしょう。

しかし、実際のところ同じ種類の商品であれば、サイズによる値段差がほとんどない場合もあります。

ですから単純に価格でサイズを選ぶというのではなく、利用目的や利用シーンごとにうちわのサイズを選ぶことが重要です。

それでは、各サイズごとの特徴や利用例とともに、それぞれの商品タイプも合わせてご紹介してまいります。

XSサイズ

XSサイズイメージ

特徴

横170mm×縦240mm(内、持ち手部分の長さ91mm)という、もっとも小さいタイプのうちわです。

取っ手をのぞいたうちわ面のサイズは、ちょうど男性が手のひらを大きく広げたぐらいで、うちわとしてはかなり小ぶりなものとなります。

向いている利用シーン

サイズが小さいために、小さなポーチなどしか持ち歩かない女性向けに配布するノベルティにはピッタリです。

また、子ども会やお祭りなどで小さなお子さん向けに配布するのにも向いています。

ポスト投函にもすぐれているだけでなく、B5サイズ(大学ノートサイズ)の封筒にすっぽりと収まるため、郵送にも適したサイズです。

おすすめの利用例

  • エステやヘアサロンなど女性向け店舗の開店時に該当配布するノベルティ
  • 子ども祭りで小学生以下のお子さんに配布するノベルティ
  • 住宅街にある飲食店などが周辺住宅のポストに告知用DMチラシの代わりに投函する

XSサイズのおすすめ商品

現在XSサイズの商品としてラインナップされているのは次の通りです。

ポリうちわ

ポリうちわXSサイズ

ベーシックなポリ製の骨を持ったうちわです。

金額/100本製作時:20,800円(1本あたり208円)、1,000本製作の場合:合計金額44,000円(1本あたり44円)、共に税抜

納期/10営業日の出荷より

ポリうりわXSサイズ

蓄光うちわ

蓄光うちわXSサイズ

照明の光を蓄え暗いところでやわらかな蛍光色に光るうちわです。

金額/100本製作の場合:合計金額26,100円(1本あたり261円)、税抜

納期/10~22営業日出荷

蓄光うちわXSサイズ

UVうちわ

UVうちわXSサイズ

紫外線にあたると変色する特殊な骨を利用して紫外線量をチェックすることのできるうちわです。

金額/100本製作の場合29,100円(1本あたり291円)税抜

納期/10~22営業日出荷

UVうちわXSサイズ

Sサイズ

Sサイズイメージ

特徴

横196mm×縦280mm(内、持ち手部分の長さ105mm)という、小さめサイズのうちわです。

XSサイズよりは1まわり大きくA4サイズの角2封筒に収納することができます。

一般的に販売用で使われているうちわよりは、ひとまわり小さなサイズですので、トートバッグなどには楽に入り、持って帰りやすいサイズ感です。

向いている利用シーン

展示会やフェスなどのイベント開催時のノベルティグッズとして利用するには、使い勝手・携帯性共にピッタリです。

飲食店や雑貨店など店舗型ビジネスの開店・周年記念に配布するグッズとして利用しても、メニューや商品ラインナップなどを記載するにも十分な名入れスペースを持っています

おすすめの利用方法

  • 運動会や市民大会などスポーツ系イベントの告知用グッズとして利用する
  • 夏時期の営業周りでA4封筒に必要資料とともに入れて各企業担当者宛てに持参する
  • アウトドアイベントでBBQの火起こし用グッズとしてブランド名を名入れ

Sサイズのおすすめ商品

現在Sサイズの商品としてラインナップされているのは次の通りです。

ポリうちわ

ポリうちわSサイズ

ベーシックなポリ製の骨を持ったうちわです。

金額/100本製作の場合:合計金額20,800円(1本あたり208円)、1,000本製作の場合:合計金額44,000円(1本あたり44円)、共に税抜

納期/10営業日の出荷より

ポリうちわSサイズ

蓄光うちわ

蓄光うちわSサイズ

照明の光を蓄え暗いところでやわらかな蛍光色に光るうちわです。

金額/100本製作の場合:合計金額26,100円(1本あたり261円)税抜

納期/10~22営業日出荷

蓄光うちわSサイズ

UVうちわ

UVうちわSサイズ

紫外線にあたると変色する特殊な骨を利用して紫外線量をチェックすることのできるうちわです。

金額/100本製作の場合29,100円(1本あたり291円)税抜

納期/10~22営業日出荷

UVうちわSサイズ

Mサイズ

Mサイズイメージ

特徴

横243mm×縦345mm(内、持ち手部分の長さ130mm)という、販売用・配布用と一般的に利用されているレギュラーサイズの商品です。

骨色の種類ももっとも豊富に揃っており、デザイン性に特化したうちわを製作することも可能です。

印刷面も広く入れることのできる情報量も多いため、デザイン性と情報伝達の両方の利点を兼ね備えた商品で、ノベルティはもとより販売用商品としてもおすすめします。

向いている利用シーン

もっとも標準的サイズの商品のため、利用シーンは多岐にわたります。

イベントの告知やスポーツイベントの応援グッズや、キャラクターグッズとしての販売まで広く利用することができ、実用性も高いサイズのため特に夏場の利用には適しています

おすすめの利用方法

  • ご当地イベントでゆるキャライラストと絡ませたグッズ展開
  • 企業の開催する大規模展示会などのノベルティ
  • 地方鉄道の特別走行イベントでの乗車記念グッズ

Mサイズのおすすめ商品

現在Sサイズの商品としてラインナップされているのは次の通りです。

ポリうちわ

ポリうちわMサイズ

ベーシックなポリ製の骨を持ったうちわです。

金額/100本製作の場合:合計金額20,800円(1本あたり208円)、1,000本製作の場合:合計金額44,000円(1本あたり44円)、共に税抜

納期/10営業日の出荷より

ポリうちわMサイズ

蓄光うちわ

蓄光うちわMサイズ

照明の光を蓄え暗いところでやわらかな蛍光色に光るうちわです。

金額/100本製作の場合:合計金額26,100円(1本あたり261円)税抜

納期/10~22営業日出荷

蓄光うちわMサイズ

UVうちわ

UVうちわMサイズ

紫外線にあたると変色する特殊な骨を利用して紫外線量をチェックすることのできるうちわです。

金額/100本製作の場合29,100円(1本あたり291円)税抜

納期/10~22営業日出荷

UVうちわMサイズ

その他のサイズ・商品

ジャンボうちわ

ジャンボうちわ

金額/100本製作の場合:合計金額89,000円(1本あたり890円)税抜

納期/13~16営業日出荷

特徴

横295mm×縦420mm(内、持ち手部分の長さ130mm)という、インパクトのある大判サイズのうちわです。

ラインナップ中もっとも大きい規格となっており、とにかく名入れ部分のデザインや情報を目立たせたい場合には重宝します。

向いている利用シーン

アイドル系などのコンサートのファングッズや、スポーツイベントの応援アイテムとしては、うちわのビジュアル的視認性も高いため、応援対象者へのアイキャッチ効果も期待できます。

商品サイズが多いために携帯性には多少難があり、ノベルティとして配布するというよりは、しっかりとしたビジュアルデザインを名入れした、販売用商品として製作するほうが良いでしょう。

おすすめの利用方法

  • アイドルなどのコンサート応援グッズ
  • スポーツ観戦イベントでの応援グッズ
  • 結婚式や記念日のフォトアイテムとしての利用

ジャンボうちわ

伝統 竹うちわ

伝統 竹うちわ

金額/100本製作の場合:合計金額15,000円(1本あた150円)税抜

納期/15営業日の出荷より

特徴

横240mm×縦370mm(内、持ち手部分の長さ150mm)というサイズで、うちわの印刷面はほぼMサイズと同様ですが、持ち手の部分が長めに作られています。

持ち手と骨が竹製、紙部分が仙貨紙で作られ、和の風合いがしっかりと出たうちわで、高級感があります。

しかし、表面は既成の絵柄を選択し、裏面にのみ名入れ印刷をするスタイルのため、価格も比較的リーズナブルに製作することができます。

向いている利用シーン

和の風合いを持っている製品なため、夏祭りや納涼イベントなどに配布したり、和食店のノベルティグッズとして利用するなど、和に関連した業種・業態の利用に適しています

その風合いのため、オールシーズンで利用するというよりは、特に夏場の時期に特化した利用におすすめできる商品です。

おすすめの利用方法

  • 納涼盆踊り大会で町内会の記念グッズとして利用
  • 炭火焼きの焼き鳥屋や炉端焼きやなどで普段営業で利用するのと同じものを常連客に配布
  • ビジネス交流会など特に海外の参加者が多いイベントでの配布

伝統 竹うちわ

まとめ

名入れうちわの選ぶポイントはさまざまにありますが、今回はサイズに特化した基準での選び方を紹介してまいりました。

どのようなサイズのものを選ぶ場合でも、自分たちの利用したい場面や配布対象がどういった相手なのかをよく精査した上で、それに適したサイズを選択することが必要です。

これらの情報を参考に、イベントを盛り上げるのにピッタリなグッズである名入れうちわを選んでみてください。

>>オリジナルうちわ製作所

>>オリジナルうちわ製作所【うちわコラム:うちわのサイズについて】

タイトルとURLをコピーしました